中国共産党機関紙の人民日報が8日に沖縄の帰属問題を再議論すべきと主張したのに続き、中国人民解放軍の羅援少将(中国戦略文化促進会秘書長)が14日、半官営通信社の中国新聞とのインタビューで、「台湾列島に属する琉球は中国の一部分であり絶対に日本領ではない」と明らかにしたと、中央日報が報じています。続きを読む