雲海に浮かぶ姿から、“天空の城”として知られる兵庫県朝来市の国史跡「竹田城跡」(標高353.7メートル)について、市は、見学通路を設置することを決めたそうです。
観光客の急増による文化財の傷みや転落事故を防ぐためで、春の観光シーズンにあわせ3月20日から運用を始めるとのこと。続きを読む