社民党の山内徳信参院議員(比例代表)が、11日の参院外交防衛委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設について「辺野古新基地建設は人殺しをする戦争目的の飛行場建設だ。(米国の)海兵隊の使う基地は人殺しのためのものだ」と述べたと、ZAKZAKが報じています。続きを読む