日本軍の生物兵器研究部隊である「731部隊」が細菌戦に備え、1940年代に満州の一般人居住地域でも広範囲で細菌散布実験をしていた事実がソウル大のソ・イジョン教授(社会学)ら研究陣によって解明されたと、朝鮮日報が報じています。続きを読む