フランス南西部アングレームで30日に始まった「アングレーム国際漫画祭」で、韓国政府が実施している慰安婦をテーマとする企画展に約600人が訪れ、韓国側の主張に沿った展示内容をすっかり信じ込むケースも目立ったそうです。
20131031_korea_thumb
会場には、旧日本軍の兵士が当時の朝鮮半島の少女を拉致したり乱暴したりするといった内容の十数作品が展示されたとのこと。
入り口の説明文には、日本側が慰安婦問題を認めていないかのような記述もあったそうです。

見学者のイザベル・プティさん(48)は「ひどい。娘にも見せる。日本はなぜ認めないのか」と涙を流し、ベルギー人のジャンジャック・ハロタンさん(55)は「こんな事実を初めて知った。日本が認めないのは残念」と話したそう。

日本大使館は、政府による取り組みや立場を説明する文書をプレスセンターで配布したとのことです。

■関連リンク