欧州最大級の漫画フェスティバル、フランスのアングレーム国際漫画祭が30日、開幕したそうです。
漫画祭には、慰安婦問題をめぐる日本と韓国の作品が出展されたそうですが、主催者側は、「強制連行はなかった」とする日本側の漫画を「政治的」として撤去するよう要請したそう。
しかし、その一方で、韓国政府が持ち込んだ「元慰安婦被害者」の作品は展示を許可したとのことです。
「韓国側主張の誤りを正し、真実を伝えたい」と、漫画作成に意気込んできた日本側関係者は納得せず、波紋が広がっているということです。
20131031_korea_thumb
30日、韓国政府の趙允旋(チョ・ユンソン)・女性家族相はアングレームを訪問し、「散ることのない花」と題した元慰安婦についての漫画企画展の開幕を宣言。
しかし、事前に地元記者らを対象に予定されていた説明会は主催者側の要請で中止されたそうです。

日本発慰安婦漫画の出展準備を進めていた実業家の藤井実彦氏(41)ら「論破プロジェクト実行委員会」のメンバーらは29日、アングレーム中心部にある「アジア館」の日本ブース前で行っていた記者会見の中止を主催者から求められたとのこと。
また、主催者は、日本側の漫画について「政治的な宣伝だ」と発言、日本側の関係者と論争になったということです。

藤井氏は「日本人が得意とする漫画で慰安婦の真実を伝えようとしたことが、表現の自由を標榜(ひょうぼう)するフランスの漫画祭で理解されず残念だ。韓国政府が主導している反日の出展こそが政治的な宣伝であり、抗議していきたい」と語ったそう。

鈴木庸一・駐フランス大使は開幕前にパリで行われた会見で、「漫画祭は文化イベントで、特定の政治メッセージを伝えることは好ましくない」と発言。
日本が韓国に第二次大戦の問題で謝罪をしていないという認識は誤りだと指摘し、補償問題についても、1965年に韓国と締結した請求権・経済協力協定などで完全、かつ最終的に解決したとの日本側の立場を改めて説明したそうです。
会場では、「漫画祭を政治に利用しないでほしい」「漫画は楽しむもので議論するためのものではない」との声も聞かれたということです。

■関連リンク