第2次世界大戦が続いていると信じ、終戦後フィリピンのジャングルに30年間近く潜んで任務を続けた元陸軍少尉、小野田寛郎さんが16日、肺炎のため東京都内の病院で死去したそうです。
91歳だったとのこと。
20140124_onodasan_thumb
20140124_onodasan_01
小野田さんは1944年にフィリピン西部のルバング島に諜報活動を行うために派遣されたそうです。
戦争終盤に連合軍がフィリピンで日本軍を破りましたが、小野田さんは拘束を逃れたとのこと。
米軍が次々と押し寄せる中、ルバング島にいた日本兵の大半は撤退か降伏をしたそうですが、小野田さんは数人の仲間とともにジャングルに潜伏し、終戦を告げるメッセージを信じなかったそうです。

その後29年間、ジャングルで集めた食料や盗んだ農作物を食べて生き延びていたそうですが、仲間たちが次々とこの世を去り、小野田さんは1974年についに潜伏をやめ、姿を現したとのこと。
そして小野田さんの元指揮官がルバング島で小野田さんと面会し、小野田さんの任務が解除されたことを告げたそうです。
ぼろぼろの軍服姿の小野田さんは、終戦から30年近くたってようやく自分の剣を引き渡したということです。

小野田さんは当時のインタビューの中で、日本兵は誰もが死ぬ覚悟を持っているが、自分は諜報員として死なずにゲリラ戦を続けるよう命じられたと述べ、さらに、兵士である以上命令に従う必要があったと付け加えたそうです。

小野田さんは74年に帰国しましたが、75年にブラジルに移住し、牧場を開設したそうです。
84年には、ルバング島のジャングルで習得したサバイバルやキャンピング技術を日本の子どもたちに伝えるために、小野田自然塾を立ち上げたとのことです。


■関連リンク

だから日本人よ、靖国へ行こう
小野田 寛郎 中條 高徳
ワック
売り上げランキング: 62,076
君たち、どうする?
君たち、どうする?
posted with amazlet at 14.01.24
小野田 寛郎
新潮社
売り上げランキング: 4,596