健康食品のお茶に下剤成分を含んだ植物が使用されているとして、国民生活センターは消費者に注意を呼びかけているそうです。
20140124_candlebush_thumb

キャンドルブッシュと呼ばれる植物を原材料とする健康食品のお茶を飲んだところ、下痢や腹痛などになったという相談が相次いだため、国民生活センターがこの茶葉の成分を調査したそうです。
お茶を抽出すると、下剤成分である「センノシド」が検出されたということです。
実験では、ドラッグストアなどで売られている15種類の商品を調査しましたが、その約半数でカップに2、3杯の量を飲むと、医療用医薬品と同程度の量のセンノシドを摂取する可能性があったとのことです。
国民生活センターは、消費者に注意を促すとともに、事業者には注意表示を必ず記載するよう要望しているそうです。

■関連リンク

[2CS] コカ・コーラ 太陽のマテ茶 (2.0L×6本)×2箱
コカ・コーラ (2012-11-21)
売り上げランキング: 232