台湾の李登輝元総統が日本の月刊誌「WEDGE」のインタビュー記事で、安倍晋三首相の昨年末の靖国神社参拝に対し「国のために命を捧げた英霊に国の指導者がお参りするのは当然のことだ」と論じたそうです。
20140124_taiwan_thumb
李元総統は参拝を「政治の問題ではなく魂の問題」と支持し、外交面でも「中国や韓国の理不尽な要求に屈せず、アジアで主体性を持った外交を展開しようとしている」と評価したとのこと。

記事の内容は23日までに中国でも報じられ、中国版ツイッター「微博」は「売国奴だ」「民族の恥」などと罵倒する書き込みで“炎上”。
台湾では、与党・中国国民党の報道官が「李氏個人の考えだ」と指摘するにとどめたそうです。


■関連リンク

台湾の歩き方 2014-15 (地球の歩き方ムック 海外 6)
ダイヤモンド・ビッグ社
ダイヤモンド社 (2013-09-26)
売り上げランキング: 50,872