ロシアの有力紙イズベスチヤは、旧ソ連製カラシニコフ自動小銃(AK)の設計者で昨年12月に死去したミハイル・カラシニコフ氏が同年4月、露正教会のトップであるキリル総主教に「懺悔(ざんげ)の書簡」を送っていたと伝えたと、msn産経ニュースが報じています。
20140114_ak47_thumb

書簡を入手した同紙によると、カラシニコフ氏は自らの開発した小銃で多数の人命が奪われたことについて、「心の痛みは耐え難い」と告白。
「私には、たとえ敵のものであっても、人々の死に罪があるのか」「神は光と影、善と悪を不可分のものとして創りたまったのか」と問うているとのことです。

20140114_ak47_01


正教会関係者は「祖国防衛を目的とした武器の開発や使用は支持される」との立場を同紙に説明し、「カラシニコフ氏は愛国主義の模範だ」とする返信をキリル総主教が出したことを明らかにしたそう。

カラシニコフ氏が第二次大戦での経験から開発したAKは信頼性と使いやすさから普及し、模造品も含めて世界に1億丁が存在すると推定されているとのこと。
「世界で最も人を殺した武器」と評されることについて、生前の同氏は「和平合意できず、暴力に訴える政治家の責任だ」と語っていたとのことです。


■関連リンク



ラングスジャパン(RANGS) サチュレーター STR80 AK-47 ブルー
ラングスジャパン
売り上げランキング: 100,343