中国が設定した防空識別圏に中韓両国が管轄権を主張する離於島(イオド)(中国名・蘇岩礁)の上空が含まれている問題に関し、韓国の金寛鎮(キム・グァンジン)国防副長官は26日、「(離於島は)実効支配しており、日本にも大きな意義はない」と述べ、韓国の防空識別圏を離於島まで延長する案を推進することを明らかにしたと複数の韓国メディアが報じたそうです。
20131031_korea_thumb
金国防副長官は国会国防委員会の全体会議で、防空識別圏を延長する方向で「関係部署と協議する」と話したとのこと。
与党セヌリ党の鄭熙秀(チョン・ヒス)議員が「離於島をしっかり防空識別圏に含めなければならない」と指摘すると、「離於島の管轄水域を韓国が守ることに大きな問題はないとみている」と答えたそうです。
金章洙(キム・ジャンス)青瓦台国家安保室長も国会で、「離於島全体は韓国の作戦区域内に位置しており、離於島を運用、活用、探査し災害を予防することに影響はない」と説明したそう。

離於島は日本と中国が防空識別圏に含めてきたのに対し、韓国は含めてこなかったとのこと。
韓国メディアは、世論から反発が上がったことから延長を検討したとの見方を示したそうです。


■関連リンク


なぜ「反日韓国に未来はない」のか (小学館新書)
呉 善花
小学館
売り上げランキング: 4,710