米特殊作戦軍が人気映画シリーズ「アイアンマン」の主人公が身に付ける「戦闘・防御スーツ」を思わせる新たな装備品の開発に踏み切ったことが17日までにわかったと、CNNが伝えています。
20131119_ironman_02
20131119_ironman_01

この装備品は米国防総省の正式名称では「Tactical Assault Light Operator Suit」だそうですが、内部では「アイアンマン・スーツ」と呼ばれているそうです。

このスーツへの導入が予想される技術の多くは既に開発されているそうですが、米海軍特殊部隊の元兵士によると、これらの技術は現段階であくまで個別に存在しており、アイアンマン・スーツでは合体化させての機能発揮を目指すことになるとのこと。

具体的には、米軍事関連企業レイシオンと米国防総省は過去2年間、体の外に装着して「怪力」を発揮する「外骨格」のような装置開発に従事しているそう。
この装置を付ければ、普段の能力に比べ重量が17倍もの物体を持ち上げることが可能になるそうです。

また、「スプリングアクティブ」社は兵士の軍靴に組み込み、1歩進むごとに電力を生み、装備品の電源に充てられる装置を発明したとのこと。
スポーツ用品メーカーの大手「アディダス」が開発したサッカーチーム用の技術も容易に応用出来るとされるそう。

アイアンマン・スーツを着込んだ場合、戦闘現場の各兵士は背中にトランプカード1組ほどの大きさの小型機器を装着すると、心拍数や発汗の具合などのデータを随時知ることが出来るそうです。
歩行速度、目的地までの距離、全地球測位システム(GPS)を通じた自らの居場所や味方部隊の位置の情報も入手することができ、司令官は部隊の動向をリアルタイムで把握することも可能とのことです。

海軍特殊部隊の元兵士は、開発が順調に進めば「アイアンマン・スーツ部隊」は戦闘現場で極めて大きな意味を持つと指摘。
「彼らの前進を止めることは出来ないだろう」との戦果を予想したということです。

米特殊作戦軍のマクレイバン司令官は最近、アイアンマン・スーツの開発着手に伴い、アフガニスタンで失った特殊工作員に触れ、工作員の犠牲者はこれを最後にしたいとの思いを漏らしたそうです。
「失った工作員がドアの背後に誰がいるのか分からないが、開けなければいけない状況を考えて欲しい。開いた時、彼は可能な限りの防御が出来る状況にいなければならない」と付け加えたとのこと。



■関連リンク


アイアンマン 日本限定 フィギュア付 Blu-rayBOX (2枚組)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-03-18)
売り上げランキング: 77,964
特撮リボルテック SERIES No.049 IRONMAN MARK XLII
海洋堂 (2014-01-01)
売り上げランキング: 217