韓国のパク・クンヘ大統領は14日、北東アジア平和協力策に関連し「ドイツとフランス、ドイツとポーランドのように北東アジア共同で歴史教科書を発刊することで欧州のような協力と対話の慣行を積み重ねることができる」と主張したと朝鮮日報が報じています。
朴大統領は同日、ソウル・国立外交院で開かれた「国立外交院設立50周年記念国際学術会議開会式」のあいさつで韓日中共同歴史教科書の発刊を提案したそうです。
朴大統領のこうした提案は、北東アジアを欧州連合(EU)のような共同市場にすることが韓国に利益をもたらす可能性があるにもかかわらず、政治的懸案が域内統合の足かせになっていることを踏まえたものとのこと。

朴大統領は「潜在的な危機的状況を克服し、北東アジアを信頼と協力の場にすべきだ」としながら、北東アジア地域の政治・安保的なあつれきを緩和するための「北東アジア平和協力構想」をあらためて提示したそうです。

また、北東アジアでの対立はあくまでも平和的な方法で解決すべきだと指摘。
各国が政策意図を明確にし国家間の信頼を醸成するさまざまな措置を通じ、軍事的紛争が発生する可能性を未然に防がなければならないと主張したということです。

■関連リンク

だから中国・韓国は嫌われる (晋遊舎ムック)

晋遊舎 (2013-11-11)
売り上げランキング: 116