ドイツのドレスデン技術大学で、全ての学生と教師・職員に、メールで除籍・契約満了通知が送られるという珍事が発生したそうです。
20131112_germany_thumb

メールには、それを受け取った学生及び教師・職員の、大学の電子サービス作業用に登録された名前が12日後に「ブロックされる」と記されていたとのこと。
なお学生達の名前が「ブロックされる」原因としては、彼らの除籍が、又教師や職員の場合は、契約満了が挙げられていたそうです。

こうしたメールによる通告は、大学の3万7千の学生全て、さらには学長を含めた教師や職員全員に送られたとのことです。
大学側の説明では、この珍事は、一人のプログラミストのミスから起きたもので、実際上は、除籍になった学生も契約が切れた教師及び職員も誰もいなかったそうです。

■関連リンク

住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社プラスアルファ新書)
川口 マーン 惠美
講談社
売り上げランキング: 472
ドイツ ロマンティック街道 (タビトモ)

ジェイティビィパブリッシング
売り上げランキング: 119,767