米国防総省は30日、開発中のステルス戦闘機F-35が精密誘導弾を使った地上の固定目標の攻撃試験に初めて成功したと発表したそうです。
20131031_f35_01
20131031_f35_02

試験を行ったのは、垂直離着陸可能な海兵隊仕様のF-35B。
試験機は29日、カリフォルニア州の試験場内に置かれた戦車を標的に、高度約7620メートルからレーザー誘導式爆弾(重量約227キロ)を投下し、命中させたそうです。
米軍は2017年に岩国基地(山口県岩国市)にF-35Bを配備する予定とのこと。

■関連リンク

F-35ライトニングⅡ (世界の名機シリーズ)
Jウイング編集部
イカロス出版 (2011-08-29)
売り上げランキング: 155,596