韓国の空中早期警報統制機(ピースアイ)が昨年10月に戦力化されてから初めて、31日に航空での米韓連合戦力を統制すると、聯合ニュースが伝えています。
20131030_korean_thumb

韓国空軍が運用するピースアイは25日から始まった米韓合同上空戦闘訓練「マックスサンダー」に参加し、早期警報などの任務を遂行するとのこと。
ピースアイは航空統制任務の際に攻撃を試みる敵を探知、識別し迎撃できるよう支援するそうです。

空軍作戦司令部はピースアイが同訓練で米韓連合戦力を統制することに大きな意味があると話したそう。
また、「戦力化が完了したピースアイが韓国側の単独航空戦力統制だけでなく、米韓合同指揮統制としての作戦遂行能力も試される」と説明したとのこと。

■関連リンク

HOBBY MASTER 1/72 KF-16C ファイティングファルコン 韓国空軍
インターアライド
売り上げランキング: 74,977
ブルーインパルス パーフェクトガイド (イカロス・ムック)

イカロス出版 (2010-06-29)
売り上げランキング: 94,245