韓国海洋警察庁(海警)が排他的経済水域(EEZ)警備などのために購入したインドネシア製の哨戒機が、ひんぱんな故障のため、十分に機能していないことが判明したと朝鮮日報が報じています。
与党セヌリ党のキム・ジェウォン議員が、28日に行われた海洋警察庁の国政監査で明らかにした資料によると、海警はEEZをはじめとする警備区域での監視・巡察能力を向上させるため、2008年に防衛事業庁を通してインドネシア製の哨戒機「CN235」4機を計1200億ウォン(現在のレートで約110億円)で購入、現在も運用しているそう。

しかしこの哨戒機は、11年5月から今年9月までの2年4カ月間に、各機それぞれ12件から27件の故障起こしていたそうで、故障件数は4機合わせて78件、1機平均20件に達するとのことです。
この数字は、海警が運用しているヘリ17機の故障回数(過去3年間で1機平均2件)と比べ、10倍にもなるそうです。

■関連リンク

竹島に行ってみた!マスコミがあえて報道しない竹島の真実 (SEIRINDO BOOKS)
古谷ツネヒラ
青林堂
売り上げランキング: 249,251