北京市内で受信しているNHK国際放送が、29日午前11時(日本時間正午)のニュースで、28日に天安門前で起きた車両炎上事件をトップニュースで報じようとしたところ、突然、テレビ画面が真っ黒になり、視聴が制限されたと、msn産経ニュースが報じています。

20131029_china_thumb


中国当局は人権問題など敏感な問題に関する報道について、時折、同様の措置を取ることで知られているそう。
ウイグル族の事件への関与が取り沙汰される中、当局が中国国内で情報が広がることに神経を尖らせていることがうかがえるとのことです。

■関連リンク

中国を追われたウイグル人―亡命者が語る政治弾圧 (文春新書)
水谷 尚子
文藝春秋
売り上げランキング: 240,013
中国の狙いは民族絶滅―チベット・ウイグル・モンゴル・台湾、自由への戦い
林 建良 テンジン ダシドノロブ イリハムマハムティ
まどか出版
売り上げランキング: 47,971
ウイグルの母 ラビア・カーディル自伝 中国に一番憎まれている女性
ラビア カーディル アレクサンドラ カヴェーリウス
武田ランダムハウスジャパン
売り上げランキング: 552,891