防衛省統合幕僚監部は23日、陸海空3自衛隊の隊員約3万4千人を動員した実動演習を11月1日~18日の日程で、九州や沖縄県を中心に実施すると発表したと47ニュースが伝えています。
20131024_jgsdf_thumb

防衛省は演習目的について、上陸作戦や輸送の訓練としており、事実上の離島奪還訓練で、中国など周辺国を刺激する可能性もあるとのこと。

主な訓練場所は、那覇の南東約400キロにある無人島で米軍の射爆撃場となっている沖大東島。
上陸作戦を模して、離島防衛が専門の陸自西部方面普通科連隊が、海上自衛隊の輸送艦に乗って島に近づいたり、空自戦闘機が実弾射撃したりする予定だそうです。

■関連リンク

中国が沖縄を奪う日 (幻冬舎ルネッサンス新書)
惠 隆之介
幻冬舎ルネッサンス
売り上げランキング: 34,775