アジアで人気を博している“トイレをテーマとした喫茶店チェーン”が、いま中国で店舗数を増やしていると、ロシアの声が伝えています。
20130911_unko_thumb

どうやら中高生や学生から絶大な支持を集めているようであるとのこと。
テーブルはあたかも洗面器、椅子は便器…ただし、座面は柔らかい座布団で覆われています。
床や壁面は素朴な化粧タイルで覆われており、さながらトイレといった様子です。

ロシアの声によればメニューも独創的で、形も色も“あれ”さながらのソフトクリームが磁器製便器によそわれて出てくるとのこと。
北京には、Pian Pian By(「大便の家」)なるレストランもあり、こちらもメニュー表を覗くと露骨な名称がつけられており、The Daily Mailも伏字なしには報道できなかったそう。



■関連リンク

便器のカタチの カレー皿SAN1972
サンアート
売り上げランキング: 11,028
検尿 マグ SAN2051
検尿 マグ SAN2051
posted with amazlet at 13.09.11
サンアート
売り上げランキング: 25,090