朝日新聞の公式ツイッター「朝日新聞オリンピックニュース」が、2020年の五輪開催都市を決めるIOC総会をめぐり、「東京、落選しました」と誤った報道をしていたことが9日分かったと、msn産経ニュースが報じています。
20130909_2020_thumb

朝日新聞広報部によると、ツイッターで8日午前4時ごろ、「東京、落選しました。第1回の投票で最少得票。決選投票に進めませんでした」と速報したとのこと。
数分後に誤りに気付き、「失礼しました。東京が最多得票でした。決選投票へ進みます」と訂正し、書き込みを削除したそうです。

2回目の投票がマドリード、イスタンブールで行われることを伝える現地の発表会場のスクリーン表示を、テレビ中継で見た東京本社の担当者が「決選投票」と勘違いしたとのこと。
実際には2都市間で、最下位を決める再投票だったそうです。

同ツイッターは朝日新聞が五輪関係のニュースを速報するために開設、ロンドン五輪では競技結果の速報などを行っているということです。



■関連リンク

これでも朝日新聞を読みますか?
山際 澄夫
ワック
売り上げランキング: 139,030
朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任 (小学館文庫)
小林 よしのり 井沢 元彦
小学館
売り上げランキング: 187,974