中経出版は、2013年8月29日に中経の文庫「名古屋今昔散歩」を刊行します。
aichi01_0820

「尾張名古屋は城でもつ」と唄われた名古屋城、百貨店や銀行が立ち並ぶ戦前の広小路通、名古屋城のお堀を走る瀬戸線の姿を、明治・大正・昭和初期の絵はがきや古写真を通して楽しむ一冊! 名古屋市のみならず、尾張の清州や犬山、知多半島、三河の岡崎、蒲郡、豊橋や、古戦場も多数紹介。『東京今昔散歩』『横浜今昔散歩』『大阪今昔散歩』『神戸今昔散歩』に続く、メインシリーズ第5弾!!

本書の構成
第1章 名古屋の歴史
第2章 名古屋城
第3章 三の丸
第4章 名古屋駅・中村公園
第5章 広小路通・栄
第6章 名古屋テレビ塔
第7章 大須
第8章 堀川・中川運河
第9章 熱田・名古屋港
第10章 鶴舞公園
第11章 東山公園・覚王山
第12章 尾張地方
第13章 西三河地方
第14章 東三河地方

■関連リンク

名古屋今昔散歩 (中経の文庫)
原島 広至
中経出版
売り上げランキング: 542,739
ことりっぷ名古屋 (ことりっぷ国内版)

昭文社
売り上げランキング: 54,719