中国共産党機関紙「人民日報」が、ポリエステル繊維やペットボトルなどで知られるPET樹脂の生産に必要な“パラキシレン”という物質を扱う石油化学プラントの安全性を力説する記事を発表した2013年7月30日未明、中国・福建省にあるパラキシレンを扱うプラントで爆発事故が起きたという話題を、ロケットニュースが紹介しています。
目撃者によると爆発後、炎が40~50メートルにも上がったそう。
h250801_china_thumb

パラキシレンは毒性の強い物質で、中国ではパラキシレンの人体や環境への影響に対する不安が高まっていたそう。
事故が起きた工場も元々福建省に建設予定だったそうですが、住民の反対にあい移転してきたものだったとか。
そんな中、中国共産党機関紙である「人民日報」は7月30日付で“パラキシレン産業は発展してはいけないのか?”という記事を発表し、「世界的に見てもパラキシレン工場における重大な事故は起こったことがない」、「日本では工場は住宅地から4キロ地点にあるが問題はない」と、その安全性を力説していたそう。
 
事故を目撃したというネットユーザーからは、「炎が40~50メートルくらいあがった」、「衝撃で家中のガラスが割れた」、「爆弾かと思った」などと中国版Twitter・Weiboに書き込みがされているそうですが、公式発表によると、事故は未稼働のパイプに水素を注入する耐圧テスト中に起きたものだということで、パイプの溶接部分に亀裂がはいり、爆発事故へとつながってしまったそうです。
この事故による死傷者はゼロ、有害物質の流出もなく施設の重大な損傷もなしであるとのことですが、インターネット上では「作業員が無事だとは思えないのだが」、「付近に住んでいる人が変なにおいがすると言っていた」、「“死者はゼロ” をあなたは信じますか?」と、発表に対し懐疑的な声も出ているとのことです。



■関連リンク

自滅する中国
自滅する中国
posted with amazlet at 13.08.01

芙蓉書房出版
売り上げランキング: 382
知らないと恥をかく世界の大問題4  日本が対峙する大国の思惑  角川SSC新書
池上 彰
角川マガジンズ
売り上げランキング: 1,933