海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」のプラモデルの外箱に、「ひゅうが」がF-15と協力して中国の空母「遼寧」を撃沈するイラストが採用されたと新華経済が報じています。
h250724_hyuuga_thumb

新華経済によると、“「日中が開戦したら、中国は必ず負ける」というのが日本人の一般的な認識だ。当然、そこには彼ら自身の願望も含まれている。日本人はなぜそこまで中国海軍を馬鹿にするのか?「我々の海軍は中国に負けたことがない」というのがその理由のようだ。”としています。
また、“中国人は空母を持てたと喜びの声を上げているが、それは単なる訓練用で実践に投入できるものではない、と日本人は鼻で笑っているようだ。”とのことです。

h250724_hyuuga_01
***

パッケージにはオスプレイなどヘリのほか、「離島防衛作戦」「OPERATION SENKAKU」などの文字が見えます。

■関連リンク