10日未明、日本海の公海上を飛行中のロシアの2機の旅客機が、未確認機が接近してきたため進路を変えるという出来事があったと、ロシアの声が報じています。
h250711_unknown_01

進路を変えざるを得なかったのは、アエロフロートとサハリン・アヴィアトラスの旅客機。
どこからともなくレーダーに現れた正体不明の飛行機が接近してきたため、進路を変えざるを得なかったとのことです。

軍や諜報機関の専門家は、無人機あるいは軍用機だった可能性があると見ているそう。
正体不明機の飛行は、しかるべき組織や機関との調整が行われておらず、事前の情報では、この空域には当時2機の旅客機以外何も飛行していないはずだったとのこと。

その少し後、極東航空隊の戦闘機が複数、日本海上を上昇したそうですが、何も発見できなかったとの情報も入っているとのことです。

■関連リンク

地球防衛軍4
地球防衛軍4
posted with amazlet at 13.07.11
D3PUBLISHER (2013-07-04)
売り上げランキング: 7
完全版 世界のUFO現象FILE―衝撃UFO写真とエイリアン極秘ファイルのすべて (ムーSPECIAL)
並木 伸一郎
学研パブリッシング
売り上げランキング: 156,449