文化庁若手アニメーター育成プロジェクト「アニメミライ2013」参加作品として3月に公開された短編アニメ「リトルウィッチアカデミア」の続編制作決定が、ロサンゼルスで開催された「アニメエキスポ2013」にて発表されました。
「リトルウィッチアカデミア」は、ガイナックス出身で「天元突破グレンラガン」副監督などを務めた大塚雅彦氏が社長を務めるトリガーが製作した短編アニメ。ガイナックス出身の吉成曜氏が監督を、大塚氏が脚本を担当しています。

そんな「リトルウィッチアカデミア」の続編の製作資金を募るプロジェクトが、米国のクラウドファインディングサイト「Kickstarter」で7月8日に始まり、15万ドルの目標額を1日で達成したとのこと。

lwa01_0710
詳細はこちら

ITmediaによると、続編は20分の長さを想定した予算で製作中だが、Kickstarterではさらに15分か、それ以上延長するための資金を募集。支援は1ドルから受け付けで、20ドル以上なら同作品のSD画質の動画をダウンロードする権利などが、50ドル以上なら同作品のBlu-ray Discとアートブックがもらえるなど、支援額によって異なる特典が用意されているようです。

最高額となる1万ドル支援の特典(3人限定)は、トリガーの社屋を訪問してスタッフと食事をしたり、同社の親会社でCGスタジオ・サンジゲンなどを傘下に持つウルトラスーパーピクチャーズ、フィギュアメーカーのグッドスマイルカンパニーなど関連会社を訪問できる(2日間の宿泊付き)というもので、全特典の中で最も速く売り切れたとか。













すごい人気ですね。
たしかにかわいくておもしろかったですけど。
続編がどんな話になるのか楽しみです。

■関連リンク


「アニメミライ2013」 特製パンフレット付き ACE2013 限定販売
アニプレックス
売り上げランキング: 30,540
天元突破グレンラガン COMPLETE Blu-ray BOX(完全生産限定版)
アニプレックス (2013-06-26)
売り上げランキング: 176