ライブ・ビューイング・ジャパンは、ライブ・ビューイング実施映画館、およびライブハウス等で上映するマナー映像を「ジャンプSQ.(スクエア)」にて連載中の地獄のミサワ「カッコカワイイ宣言!」とのコラボレーションで制作するこを発表しました。
kakokawa01_0705

独特のシュールな切り口で人気を誇る、異色の作品「カッコカワイイ宣言!」。
その主人公である世界でも1位、2位を争う暴力的な美貌を持つと言われている主役の「かおちゃん」、独特の関係性を持つ「先輩」と「後輩」の軽快な(?)掛け合いの中、ライブ・ビューイングの実施劇場やライブハウス等での禁止行為やライブ・ビューイングの楽しみ方などが「シュール」かつ斬新に演出されたFlashアニメが、7月6日からコンテンツ上映時に合わせて配信されるようです。

【登場人物(キャラクター/声優)】
■かおちゃん
本作の主人公。天然を装った腹黒。少し(かなり)ドジ(偽装)だが、世界で1、2位を争う暴力的な美貌を持つという。日本の宝。ジョニー・デップと交際しているらしいが、作品には登場しない。単行本1巻で表紙を飾っている。 かおちゃん曰く、「落ちている鳥は全部食う!うめーから食う!」。 最近遅ればせながらIT企業に打って出ようとしている。口癖は「遅ればせながら!」。安室ちゃんそのもの。元安室ちゃん。腹黒で、おなじドジのみきちゃんを敵対視している。
CV:日笠陽子
2007年、『スケッチブック 〜full color's〜』の根岸みなも役でアニメデビュー。2009年に『けいおん!』の秋山澪役で注目を浴び、2010年 7月放送の『世紀末オカルト学院』の神代マヤ役でアニメ初主演。第4回声優アワードにて、テレビアニメ『けいおん!』の劇中にて結成したユニット“放課後ティータイム”として歌唱賞を受賞。アニメのほか、吹き替えやナレーションの仕事もこなしている。2013年、テレビアニメ『進撃の巨人』でエンディングテーマを歌うと同時に、歌手として活動することを発表。同年2月8日に『進撃の巨人』のエンディングテーマである「美しき残酷な世界」を皮切りとして3ヶ月連続での音楽作品リリースを発表された。

■先輩
地元で一番「強そう」な先輩。イタリアのマフィアを壊滅させた(自称)。ダセえし臭い(他称)。スラム街に暮らしたいと願っていたが、ズボンが脱げそうになり、オートロックのマンションに住むハメになった。
CV:藤原啓治
アニメ「カッコカワイイ宣言!」で初の音響監督でデビュー。
声優として主に青年役から老人役を担当しており、役柄としてはクールな役から熱血漢役、二枚目役から三枚目役、荒々しい性格の人物や軽薄な人物、大人の男性から冷徹な悪役など様々な役をこなす。デビュー当時はアクの強い役柄を多く演じていた。『鋼の錬金術師』、『天保異聞 妖奇士』、『BLOOD+』、『機動戦士ガンダム00』、『青の祓魔師』、『マギ』など、人気のアニメ枠に頻繁に出演している。また『クレヨンしんちゃん』では主人公・野原しんのすけの父・ひろし役を演じているが、今回のコラボレーションでは後輩役を演じている矢島晶子も『クレヨンしんちゃん』に主人公の野原しんのすけ役で出演しており、まさに奇跡の「野原家親子競演」となった。

■後輩
先輩の取り巻き。先輩に2万円貸している。思ったよりちょろい。
CV:矢島晶子
多くの人気アニメに出演しており、主な代表作は『クレヨンしんちゃん』(野原しんのすけ)、『新機動戦記ガンダムW』(リリーナ・ドーリアン)、『犬夜叉』(琥珀)、『スターウォーズ エピソードI』(アナキン・スカイウォーカー) などである。

■関連リンク

カッコカワイイ宣言! 4 (ジャンプコミックス)
地獄のミサワ
集英社 (2012-12-04)
カッコカワイイ宣言! たわけが!編 [DVD]
東宝 (2012-01-27)
売り上げランキング: 50,702