自衛隊と米軍が今月10日から米カリフォルニア州で行う離島奪還訓練について、中国が日米両政府に中止するよう要請していたことが4日、日本政府関係者への取材で分かったと、msn産経ニュースが報じています。
h250604_chuugoku_thumb

訓練は尖閣諸島をめぐり日本との対立が続く中国を念頭に置いているが、日米は公式には「特定の国を想定したシナリオはなく、過去にも日米の離島奪還訓練は行っている」として、予定通り実施する方針だそうです。

小野寺五典防衛相は4日の記者会見で「自衛隊や日米の運用能力向上のため、訓練を予定通り進める」と述べたとのこと。

関係者によると、中国側は訓練直前に習近平国家主席が訪米し、米中首脳会談が開かれる事情から、中国を意識した訓練が行われることに強い拒否感を示し、訓練自体を中止するよう外交ルートを通じ要請してきたとのこと。
米側は中国の意向に配慮し、訓練期間中に予定されている報道陣への公開中止も一時検討したそうです。

■関連リンク