ドイツ人の男性が、頭に鉛筆が刺さったまま15年間暮らしていたと、ロシアの声が報じています。
h250603_pencil_thumb

ドイツのアーヘン大学病院の医師らが伝えたところによると、アフガニスタン出身のドイツ国籍の男性24歳が、頭痛や風邪、片目の視力障害などの症状を訴えており、コンピュータ断層撮影を行ったところ、男性の頭に約10センチの鉛筆が刺さっているのがわかったそうです。

男性は、鉛筆がどのようにして頭の中に入ったのかはわからないとしたそうですが、その後、子供の頃に転んだことを思い出したということです。
医師たちは、男性の頭から鉛筆を摘出、男性は近いうちにも回復する見込みだそうです。

■関連リンク

トンボ鉛筆 8900 B
トンボ鉛筆 8900 B
posted with amazlet at 13.06.03
トンボ
売り上げランキング: 834