日本の政治家や右翼による極右的な言動に対し、韓国キリスト教教会協議会が28日、世界の教会に強い連帯と対応を求める公式書簡を送ったと、朝鮮日報が報じています。
h250531_korea_thumb

朝鮮日報によれば、書簡の内容は「世界の教会の全キリスト教徒による祈りと連帯が必要だ。日本の急速な右傾化に伴う歴史歪曲(わいきょく)、軍国主義を復活させて平和を壊そうとする野望を阻止するため、共に祈り、強く対応してほしい」というもののようです。

書簡はNCCK総務のキム・ヨンジュ牧師名義で、世界教会協議会(WCC)、アジアキリスト教協議会(CCA)や、日本を含めた各国の教会協議会(NCC)など100余りの国際キリスト教機関・教団に発送されたとのこと。
書簡を受け取った機関や教団は今後、世界に日本の右傾化の危険性を訴え、この問題を国際会議や集会の議題とするなど、NCCKと連携して活動していくことになると、朝鮮日報はしています。

■関連リンク

よくわかるキリスト教
土井 かおる
PHP研究所
売り上げランキング: 16,475