米軍嘉手納基地所属のF-15C戦闘機が墜落してから一夜明けた29日、嘉手納町屋良の通称「安保の見える丘」で、「米軍F15戦闘機墜落事故糾弾! F15・オスプレイの即時撤去を求める緊急抗議集会」が開かれ約150人の参加者が嘉手納基地に向かい抗議の声を上げたと、琉球新報が報じています。
h250531_okinawa_01
集会で沖縄平和運動センターの崎山嗣幸議長は「沖縄の空をなんだと思っているのか。(墜落場所が)住宅地上空でないからと安心してはいけない。事故を許すわけにいかない」と憤ったとのこと。
爆音訴訟団の新川秀清団長は「住民が危険にさらされている。安全という言葉は沖縄には通用しない。特効薬は基地撤去しかない」と訴えたそうです。
さらに、沖縄国公労の白石幸嗣委員長は「なぜわざわざ自衛隊が米軍を救助したのか。自衛隊が米軍に完全に組み込まれ、事故があれば自衛隊が米軍の救助部隊になるよう想定していたのではないか」と疑問を呈したとのこと。



命の尊重を訴える一方で、米軍のパイロットの命が救われたことについて「なぜわざわざ自衛隊が米軍を救助したのか」と言える神経が疑われます。
本当は県民の安全なんかじゃない何かが…って思っちゃいますよね\(^o^)/

■関連リンク
よみがえる空 ―RESCUE WINGS― DVD-BOX (初回限定生産)
バンダイビジュアル (2009-04-24)
売り上げランキング: 85,698
航空自衛隊 航空救難団 創立50周年 [DVD]
ワック (2008-09-26)
売り上げランキング: 52,320