米ニューヨークを発ってロサンゼルスに向かっていたアメリカン航空の旅客機が、故ホイットニー・ヒューストンさん主演映画の主題歌にもなった「アイ・ウィル・オールウェイズ・ラブ・ユー」を機内で歌い続けた乗客のために、行き先を変更してカンザスシティーに着陸する騒ぎがあったと、CNNが報じています。
アメリカン航空広報によると、同機は9日夕、乗客が騒ぎを起こしたために、行き先を変更してカンザスシティー国際空港に着陸したそう。
「アイ・ウィル・オールウェイズ・ラブ・ユー」は、ホイットニーさんがケビン・コスナーさんと共演した映画「ボディガード」で歌った主題歌。
女性は、同機を降ろされて警察に連行されながらも歌い続けていたそうです。
女性は調べに対し、自分は糖尿病なので歌を歌ったと話しているとのこと。

CNNの動画の中で、女性の熱唱の一部を聞けます。
もし女性の歌がホイットニーさんを彷彿とさせるレベルで上手だったら、また違う結末になっていたのかもしれません。




■関連リンク

ボディガード スペシャル・エディション [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 4,523