カムチャッカで噴火活動を続けるシヴェルチ火山は海抜4600メートルの高さまで火山灰ガスを噴き上げており、細かい火山灰が航空機およびヘリコプターの機械に侵入し、事故につながる恐れがあるため、航空危険レベルが、高いレベルのオレンジ・コードになっていると、ロシアの声が報じています。
■関連リンク

火山の大研究
火山の大研究
posted with amazlet at 13.05.10

PHP研究所
売り上げランキング: 305,891