安倍首相が、23日の参院予算委員会で、尖閣諸島の周辺海域で中国公船による領海侵犯が続いていることを受け、「尖閣諸島と海域を安定的に維持管理するための具体的な方策として、(島への)公務員の駐在や船だまり(の建設)などの様々な選択肢は常に頭の中にある」と述べたと、YOMIURI ONLINEが報じています。
ただ、首相は「中国が挑発行動を取って問題があるからといって、全ての関係を閉じるのは間違いだ」とも強調し、今後も冷静に対応していく考えを示したとのこと。

■関連リンク

1/700 海上保安庁 巡視船 PLH-07 せっつ (塗装済キット) (JP04)
ピットロード (2012-07-07)
売り上げランキング: 41,159