犯罪として逮捕に至るケースは少ないものの、ニコニコ動画に関連した犯罪は後を絶ちません。その中でも深刻な問題のひとつである、未成年を被害者とした性犯罪で、ニコニコ動画の人気「うp主」田中辰典容疑者(31)が逮捕されました。
20130419_TANAKA_01

田中辰典容疑者(31)は、「星見蒼人(ほしみあおと)」、「ぱにょ」や「ロクデナシ(´・ω・`)」といった名義を使い、ニコニコ動画を通じて、トレースしたマンガに声をあてたアニメ風の動画や、「歌ってみた」と呼ばれるカラオケ動画を作成する活動をしていました。
個人でも音楽活動を行い、同人音楽サークル「RomariaCrusade(ロマリアクルセイド)」のコンポーザーでもあるようです。 

この活動を応援するファンで、コミックマーケット会場の音楽ブースで知り合った女子高生(17)に対し、調布市内のホテルなどで、複数回に渡りわいせつな行為をしており、東京都の青少年育成条例違反の疑いで警視庁に逮捕されました。
 
20130419_TANAKA_02

これに対し典容疑者は、「やばいと思ったが、性欲を抑えられず、わいせつな行為をした」と供述しているようです。

<田中容疑者が作成した動画の説明>
20130419_TANAKA_04
「犯罪はいけないです。ダメ!絶対。」などと書いていますが、言っているだけのようですね。
 
20130419_TANAKA_03
ちょっと調子に乗り過ぎたのでしょうか。

また、ニコニコ動画での活動で、今回の事件をにおわせる様な表現や行動が多く見られ、犯罪に対する問題意識は低かったのではないかと思われます。
こうした個人同士の付き合いから発展する事件は、母体となるコミュニティ「ニコニコ動画」での規制が難しいものの、目に余る頻度で起こっており、未成年の利用制限など、なにかしらの規制を求める声も多く聞かれます。

<31歳ミュージシャンの男、17歳ファンにわいせつ行為 逮捕(13/04/19)>

<FNNニュース引用>
 
31歳のミュージシャンの男が、ファンの17歳の女子高校生にわいせつな行為をした疑いで、警視庁に逮捕された。
東京都の青少年育成条例違反の疑いで逮捕されたミュージシャン・星見蒼人(ほしみ・あおと)こと、田中辰典容疑者(31)は、コミックマーケット会場の音楽ブースで知り合ったファンの17歳の女子高生に2013年3月、調布市内のホテルで、わいせつな行為をした疑いが持たれている。
田中容疑者は複数回にわたり、女子高生にわいせつな行為を繰り返していて、「やばいと思ったが、性欲を抑えられず、わいせつな行為をした」と供述しているという。

<田中容疑者が作成した動画>



ニコニコ動画を活動の中心にしていると、学生レベルの常識が多く氾濫しており「やってはいけないこと=運営に怒られること」という常識をもちやすく、発覚しなければ、見つからなければ問題ないという、犯罪を認識しにくい、一種の学生生活のような意識になるのかもしれません。

それにしても、31歳にもなって子供と同じ思考回路では、ちょっとどうかと思います。
それと、ファンに支えられる活動を行う中で、ファンに手を出すのは、ダメ絶対!!

■関連リンク

ニコニコムービーメーカー(動画) 通常版
インターネット (2009-02-20)
売り上げランキング: 1,992