「Mars One(火星はひとつ)」基金が、火星に行きたい人を募集中であると、ロシアの声が報じています。
20130418_mars_01

ただし、火星へのチケットは片道分のみで、このプロジェクトに参加した場合は帰りの飛行は見込まれていないことから、火星へ永久に移住することを念頭においておかねばならないそうです。
なお、居住空間などは移住までに火星に送られた機械によって作られることになっているとのこと。

今回の募集では、飛行・軍事上の経験は必要とされていないので、誰でも気軽に申し込めるようです。
NASAの元学術職員で現在このプロジェクトのメディカル・ディレクターを務めるノルベルト・クラフト氏は「選考で一番大事なのは、飛行士が火星までの長い宇宙旅行のなかで、またチャレンジを克服しつづける生活のなかで他のメンバーと共に生活し、作業を行なうことができるかという点だ」と語ったとのことです。


■関連リンク


3D球体パズル 240ピース 火星儀 -THE MARS- (直径約15.2cm)
やのまん (2007-11-23)
売り上げランキング: 52,406
火星―赤い惑星の46億年史 (NEWTONムック)
フランソワ・フォルジェ
ニュートンプレス
売り上げランキング: 652,134