騒動の発端となったのは、Microsoft Studiosのクリエイティブディレクター、アダム・オルト氏のツイートで、常時オンラインとなる環境を歓迎しているようなツイートを行っていたもので、さまざまな方面に波紋を呼びました。
また、この発言を多くのメディアが一斉に取り上げたことから、大事へと発展したようです。
20130406_Xbox_01


これに対しマイクロソフトは、謝罪文を発表しました。
 
"We apologize for the inappropriate comments made by an employee on Twitter yesterday. This person is not a spokesperson for Microsoft, and his personal views do not reflect the customer centric approach we take to our products or how we would communicate directly with our loyal consumers.  We are very sorry if this offended anyone, however we have not made any announcements about our product roadmap, and have no further comment on this matter."

意訳します。

「不適切なツイートをお詫びします。彼は広報担当者ではなく、個人的な見解が、我々の消費者との信頼関係を重視したやり方を反映するものではなく、気分を害した方には、大変申し訳なく思います。しかし、次世代Xboxについての発表は行っておりませんので、これ以上のコメントはひかえさせて頂きます。」

とのことで、たとえ実際の仕様がアダム・オルト氏の言うようなものであっても、騒動で得られたフィードバックを元に改善され、仕様の押し付けにならないよう配慮されるのではないでしょうか。

どんな仕様になったとしても、それを活かすおもしろいコンテンツが生まれてくるなら歓迎です。
 
Xbox 360 250GBXbox 360 250GB
Xbox 360

日本マイクロソフト
売り上げランキング : 564

Amazonで詳しく見る