SCEは、3月22日付のニュースリリースにて、ソニー・コンピュータエンタテインメントとユニティ・テクノロジーズが、プレイステーション向けUnityの提供を通じ3月15日付けで戦略的提携について合意したと発表しました。

 
SCEandUnity

 PS4™、PS3®、PS Vita向けのコンテンツ開発において、開発者の皆様は、SCEとのライセンス契約締結後に提供される専用のSDKに加えて、「プレイステーション」向け 「Unity」の簡便な統合開発環境を使うことで、複雑なプログラミング作業を軽減しながら、「プレイステーション」ならではの幅広いコンテンツ開発が可 能になります。また、開発されたコンテンツは、煩雑な書き換え作業を伴わずに、PS4™、PS3®、PS Vita、PSMの各フォーマットに移植することができます。開発者の皆様は、本体背面のマルチタッチパッドや、デュアルアナログスティック、前面、背面 に搭載されたカメラ、6軸検出システム等の機能を内蔵するPS Vitaをはじめ、ゲーム専用機ならではの操作性を活かしたコンテンツ開発が可能です。 
 「プレイステーション」向け「Unity」で開発されたコンテンツは、世界中のゲームユーザーにご利用いただいている PlayStation®Storeを通じて配信することが可能です。開発者の皆様は、トロフィーなどPlayStation®Networkの各種機能 を活かして開発したコンテンツを幅広いユーザーの皆様に提供できます。
また、PSM開発者をはじめとする開発者の皆様は、「Unity」開発コミュニティを通じて、開発ノウハウやチュートリアルの参照、スクリプトやシェー ダーの自由な共有、および参考文献の閲覧が可能になります。ユニティ・テクノロジーズが運営するデジタルアセットのマーケットプレイス「Asset Store」経由で、高品質な3Dオブジェクトやアニメーション、高度なパーティクルエフェクトやシェーダー、AI、物理エンジン、サウンドアセットと いった6,000以上のアセットを、低価格もしくは無料でダウンロードし、「プレイステーション」向け「Unity」を使ったコンテンツの開発に活用して いただけます。

※ニュースリリース引用 
すでに十分なサポートがされ、比較的安価な投資で開発環境が構築できるUnityでしたが、プレイステーション特化ということで、専用機能を制御できるアセットの供給も増えるのでしょうか。

アップデートによって追加コストが掛かってしまうのが難点ですが、クリエーターの選択肢を増やす魅力的な提携ですね。
供給開始は秋以降。
ゲーム業界が盛り上がるキッカケになってくれるんじゃないかと、とても楽しみです。

■関連リンク